補聴器技能者講習会

遅々として進まなかった補聴器関連の環境もここの所、変化の兆しが見えてきました。

厚生労働省の事業研修会、補聴器相談医の講習会、認定補聴器技能者の講習会など多くの参加者を集めて全国的に開催されています。

講師や指導員など開催者側のスタッフも不足ぎみで、やり繰りに工面しているようです。

小生なども要請を受け、少しばかり実習のお手伝いをしてきました。

写真は技能者講習の耳型採取の実習風景です。

330名の受講者を15班に分け、一つの班が22名でこれを一人の指導員がサポートするかたちとなっています。

かなり受講者が多すぎる感じで、主催者も来年は別の方法を考えているようでした。

担当:おがわ

広告