言葉が理解しにくい

よくお客様に「音はきこえるが、言葉が何を言っているかわからない。」と言われる事があります。

聴力が低下しはじめると一般的には、周波数の高い音からきこえにくくなることが多いです。

言葉がききとりづらいのは、音の高低や区切りが判断しにくくなっているからです。
母音に比べ子音をききとりにくくなっていることから起きる現象だと言われています。
通常は、高い音域を強調することで、子音のききとりをよくし言葉を鮮明にしていく調整が行われます。

もちろん他の要因もありますので、すべてが解決できる訳ではありませんが、少しでも言葉をききとりやすくする為の調整、もしくは機能を備えた補聴器もでてきております。
少しでもききとりをよくしていく為、ぜひご相談下さい。

担当:みやじま

広告

補聴器眠っていませんか?

海外の調べで引き出しに入れたままの補聴器の理由を調べた結果。

騒がしいところできこえにくい
メリットをあまり感じない
音質がわるい
使いにくい
使い方がよくわからない
補聴器をつけると恰好が悪い
などが多かったそうです。

それぞれ解決できそうな理由、難しそうな理由様々ですが、改善できる点も多いように思います。
このような場合には、もう一度購入店へ出向き、フィッティング・調整してもらい相談してみて下さい。

担当:みやじま