補聴器販売店協会第70回定時社員総会

去る、6月13日(木)ランドマークスクエアトウキョウにおいて、表記の総会が行われました。

当日は、朝から理事会、総会、理事会、講演会、懇親会と満杯のスケジュールとなりました。

昨今、補聴器を取り巻く環境は大きく変化しているように思われます。

厚労省が大きな予算をつけて、全国的な講習会を実施しているのに続き、今度は石原伸晃氏を会長とする「難聴対策推進議員連盟」が発足し、小児の対策から順次高齢者対策まで発展するとのこと。

 

それはさておき、最後のイヴェント懇親会、ここまで出番のないワタクシ。いよいよ!ですね。写真は準備中の会場と鳴り物の雄姿?です。

R1理事会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

6月6日は補聴器の日プレゼントキャンペーン!

66ha

毎年恒例となりましたが、日本補聴器販売店協会主催のプレゼントキャンペーンがはじまっております!

店頭の応募箱へ入れて頂ければまとめて応募しますので送料もかかりません。

無料で応募して商品を当てて下さい!

赤羽店建物の工事

 

IMG_1789

赤羽店の入っている建物がしばらく外壁の工事?補修?を行っております。

営業しているのかどうか大変わかりにくくなってますが、通常通り営業しておりますのでご心配なくご来店下さい!

 

IMG_1784

 

離れてみると・・・すっぽりと覆われてしまっています。。。

いつもは駐車にお使い頂いているお店の前のスペースが・・・だいぶ狭くなってしまっています。

お車でご来店のお客さまはスタッフまでお声かけ下さい。

よろしくお願い致します。

【補聴器業界の課題と対策そして展望】

日本補聴器販売店協会のホームページにて、武見敬三先生を交えて「補聴器業界の課題と対策そして展望」というテーマの動画が上がっています。

なかなか業界の方にしか目のふれられない動画かも知れませんが、おそらく補聴器のユーザー様にとっても興味のある内容かと思います。25分ほどの内容です。

認定補聴器技能者、または補聴器業界の関係者にとっては当たり前に思っていることも、一般のユーザー様はもちろん、補聴器を扱っていはいても認定資格であったり、医療業界との連携が少ない関係者にとっては新鮮な内容かもしれません。

かたい内容のテーマにはなりますし、あまり歓迎しないデータもありますが、日本の補聴器をとりまく環境が世界と比べてあぁ。。違うんだなぁと思ってしまいます。

よくもわるくも多くの方の目にふれてみて頂ければと思い紹介させて頂きました。

武見敬三スペシャル対談【補聴器業界の課題を対策そして展望】

担当:はやし

 

 

リオネットシリーズ プレミエンス

2月20日より発売になりました「リオネットシリーズ リオネットプレミエンス」ご好評頂いております。

kara21

耳かけ型 片耳190,000円 両耳323,000円

耳かけ型RIC 片耳200,000円 両耳340,000円

耳あな型オーダーメイド 片耳210,000円 両耳357,000円

上位機種であるリオネットマキシエンスシリーズに搭載の機能をおおく引継ぎミドルクラスの補聴器として発売されました。

マキシエンスシリーズに比べるとお手頃となり、これからも多くのユーザー様にお使い頂ける補聴器となるでしょう。

リオネットシリーズの詳細はこちらへ

担当:はやし